クレジットカード現金化はもう常識!

クレジットカード現金化の利用がカード会社に発覚するとどうなる?

クレジットカード現金化ではショッピング枠で商品を購入すると、換金率分の現金が口座に振込されると言う特徴があります。 普

あまりにもカードに依存していると

no_image

現金とカード、どちらを頻繁に利用するのかは個人の自由になるのですが、できればどちらも満遍なく利用していくような生活をして

クレジットカード現金化の換金率はどれくらいですか?

クレジットカード現金化の換金率は業者によって違いがあります。 お金が足りない時に利用するわけですからなるべく換金率の良

クレジットカード現金化の利用がカード会社に発覚するとどうなる?

クレジットカード現金化ではショッピング枠で商品を購入すると、換金率分の現金が口座に振込されると言う特徴があります。

普段のカードショッピングと同じ形ですが、もしクレジットカード現金化の利用がカード会社に発覚すると大変です。

カード利用停止や強制解約に

規約違反に該当クレジットカード現金化の利用はカード会社の規約違反に該当します。
カード会社の規約では換金目的での利用を禁止しています。
クレジットカード現金化の利用も換金目的であると判断されてしまい、カード利用停止と言った処分が下される可能性があるのです。
公共料金の支払にクレジットカードを利用している場合、引き落としができなくなります。
最悪のケースではカード会社からの信用を失い、強制解約となってしまいます。
カード利用停止なら停止解除の可能性が残されていますが、強制解約となるとその可能性も無くなります。

所有権の無い品物を転売すると横領罪に

所有権の無い品物を転売すると横領罪にクレジットカードで商品を購入すると1回払いや2回払い、ボーナス一括払い、分割払い、リボ払いなどで支払します。
この時の支払はショップではなく立て替え払いしているカード会社に行います。
カード会社への支払が終わるまで、購入した商品がたとえ手元にあってもその所有権はカード会社にあります。
買取方式のクレジットカード現金化業者ではクレジットカードで購入した商品を買取しています。
この場合は自分に所有権の無い品物を勝手に転売した事になり、横領罪に問われる恐れがあるのです。
これはカード会社に商品代金を全て支払するつもりであっても横領罪に問われる事があるので注意が必要です。
カード会社への支払が終了すればその商品の所有権は自分に移ります。
その場合は転売しても横領罪に問われる事は無いです。

キャッシング枠を使い切った状態だと疑われやすい

発覚しなければ大丈夫だろうと思っていると後で大変です。
それはカード会社では会員の利用状況をチェックしているからです。
しかし会員数が膨大なのでどの会員がクレジットカード現金化の利用が疑わしいのか探し出すのは大変です。
その代わりに過去にクレジットカード現金化の利用が疑わしい会員の行動パターンは把握しています。
そういった会員はキャッシング枠を使い切った状態でクレジットカード現金化を利用している事が多いです。
その状態で急に高額なショッピング枠の利用があるとクレジットカード現金化の利用がすぐに発覚する事があるのです。

クレジットカード現金化後に支払が困難になったら債務整理できますか?

債務整理には任意整理や個人再生や自己破産などの手続きがあります。
どの手続きでも借金の返済が困難になった時の解決策として有効です。
しかしクレジットカード現金化の場合は債務整理できない可能性があります。

自己破産では免責不許可に

自己破産では免責不許可に自己破産は全ての借金が0円になる手続きです。
もう借金の返済に悩まされる日々から解放され、元の生活に戻る事ができます。
しかしクレジットカード現金化の場合は免責不許可事由に該当してしまいます。
借金の原因がギャンブルや浪費と言った場合も免責不許可事由に該当しますが、裁判官の裁量によって免責許可が下される事がありました。
免責不許可事由に該当するからと言って必ず自己破産できないと言うわけでは無いのです。
裁判官の裁量によって免責許可が下されるのは悪質なケースを除いてとなります。
クレジットカード現金化の場合は悪質なケースと判断され、自己破産できない事が多いので注意が必要です。

任意整理では債権者が応じない事が

任意整理は裁判所に申立を行わずに債権者と任意で交渉する手続きです。
利息制限法の上限を超える利息で借金していた場合、過払い金が戻ってきて借金が減ります。
その借金の将来利息をカットした上で、3年から5年の分割払いに応じて貰えるよう債権者と交渉します。
クレジットカード現金化を利用した後はカード会社に支払を行うと言った関係上、この場合の債権者はカード会社となります。
この債権者であるカード会社が任意整理に応じないと成立しないです。
裁判所に申立を行わないため、債権者の意向に左右されるのです。

交渉により債権者が応じた場合は任意整理成立となりますが、必ず応じると言う保証は無いです。

個人再生は100万円以上から

個人再生では裁判所に申立を行い、大幅に借金を減額して貰う手続きです。
提出した再生計画案が認められると原則5分の1まで借金が減額され、その借金を3年から5年で分割返済していきます。
600万円の借金でも120万円に、その120万円を3年から5年で分割返済できるために大幅に楽になります。
その代わりに個人再生では100万円未満の借金の場合、その借金全額が最低弁済額となります。
つまり100万円未満の借金は減額されないと言う事です。
クレジットカード現金化のみで100万円以上の借金を積み重ねると言った事は少ないです。
たとえ100万円以上の借金を積み重ねても裁判官の印象が悪くなるのは避けられないです。

定番の業者を紹介しているサイト
クレジットカード現金化について

消費者金融はもう古い?!クレジットカード現金化という新しい法則

お金を借りる時の新しい法則をご存知でしょうか。それはクレジットかード現金化という古くからあるものの、時代の変化から新しい法則として生まれ変わった法則です。

2008年に消費者金融を縛る貸金業法が改正されました。この改正によって、お金を借りる時最もポピュラーな法則であった消費者金融の金利は29.2%→18%以下に直されました。

当時の消費者金融は金利は高かったものの、困った人、余裕がない人にも必ず融資をしてくれる頼れる法則であったのに、改正によって総量規制と金利低下でお金に余裕がある安全な顧客にしか融資できなくなり(日本トップの消費者金融の融資実行率は42%以下)、困った時の消費者金融の法則は完全に死んでしまったのです。

そんな中、最初に書いたようにクレジットカード現金化が新しい法則として生まれ変わりました。クレジットカード現金化自体は昔からあった手法ですが、改正貸金業法に合わせてクレジットカード各社も分割手数料を引き下げ(29.2%→14.5%位が主流)、リボリビング払いなどの長期分割支払いができる様に変化した為、クレジットカード現金化は正規の貸金業と同じ位の費用対効果(換金率85%でも5年で払えば実質金利たったの約22%)になり、新しい法則として生まれ変わったのです。

22%なら昔の消費者金融金利より遥かにリーズナブルですね。新しい法則であるクレジットカード現金化、覚えておいて損なしです。

賢い借入をする人は皆使ってる!クレジットカード現金化はもう常識!

大半の人はクレジットカード現金化を知ってはいるものの、利用には二の足を踏んでいる人が多いんでは無いでしょうか。実は今や賢い借入をする人の中ではクレジットカード現金化は常識になっているのです。

賢い人が何故クレジットカード現金化が常識であるとみなしているのかというと、クレジットカード現金化は1.スピード性、2.コスト性、3.簡易性に優れているからです。

クレジットカード現金化は申込から30分での着金が常識になっています。ピザの宅配より早く現金を手にできるのです。消費者金融のキャッシングの上手くいけば即日とは比べ物にならない圧倒的なスピード性がクレジットカード現金化の常識です。

クレジットカード現金化はリボ払い、分割払いが利用出来る事に加えて、クレジットカード各社のポイントが還元されますのでコスト面で消費者金融等に引けを取りません。キチンと計算が出来る人はコスト性でもキャッシングもクレジットカード現金化ぎ劣る事実は無いと言うのが常識の様に理解されています。

更にクレジットカード現金化はどの様な信用状態が悪い人でも、クレジットカードのショッピング枠さえ生きていれば利用する事ができる、審査を伴う他の借入をぶっちぎる簡易性が常識になっています。クレジットカード現金化はあなたの期待に裏切る事はありません。

以上、3点の理由から賢い借入を行う人にとっては全てにおいてクレジットカード現金化が他の借入に劣るところはなく、何時でも直ぐにお金が手にできる期待を裏切らない借入方法として常識の様に利用されています。皆さんも今や常識となったクレジットカード現金化、是非試してみてその便利さを実感してみてください。

時代は変わった!クレジットカード現金化という新しい法則

キャッシングに代わる資金調達の手段としてクレジットカード現金化が話題になっていますね。金融機関が対応していない平日15時以降はもちろん業者によっては365日24時間現金化可能としているなど高い利便性を誇っています。

これにはゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行などのネット銀行の口座が必要になりますが、1つあるといつでも現金化出来るので作っておくと良いでしょう。利便性も大切ですがやっぱり換金率が気になりますよね。これは業者によってピンキリで換金率をアップさせるためにはまず業者を篩にかける事から始まります。

一般的な換金率は80~90%前半です。80%を下回る場合は私利私欲に走っている可能性が高く、90%後半の場合は利益を考えず後々トラブルに巻き込まれるリスクがあります。いくつか業者を絞ったら実際に電話をかけ換金率について相談しましょう。

ここでの対応が悪ければ利用を見送り、ちゃんと換金率を明言してくれる業者を選択して下さい。この時に重要なのは所有しているカードの枚数を業者に伝える事です。カード枚数が多いと業者は「リピーターになってくれそう」と判断し好条件で取引できる可能性が高くなります。

自身がリピーターになる事で換金率の交渉にも応じてくれるようにもなるのでキャンペーンに惑わされず、複数の業者と取引するよりも1社に絞り込んだ方が賢明です。以上を踏まえ時代の新法則であるクレジットカード現金化を使いこなしましょう!

クレジットカード現金化は発覚するものでしょうか?

クレジットカード現金化が発覚すると、クレジットカードの利用停止につながる恐れがありますので、現金化をするのなら発覚しない方法を選びたいですよね。そこで、どんな方法で現金化をすれば発覚しやすいのか、またはどんな方法なら発覚しにくいのかを説明していきます。

簡単に換金できる商品は発覚しやすい

百貨店の商品券や新幹線の回数券をクレジットカードで買って換金すると、金券ショップなどに持って行けば買い取ってくれます。また、商品券や新幹線の回数券は現金に近い性質を持っていますので、換金するレートが高いことからも現金化に適していると言えます。

しかし、多くのクレジットカード会社では、クレジットカードを使った現金化を認めてはいませんので、商品券や新幹線の回数券を買っている履歴があると、現金化しているのではないかと疑われてしまいます。そして、何度も商品券や新幹線の回数券を買っていることが続くと、現金化をしていることが発覚して、クレジットカードが利用停止になってしまいます。

一度に多くの商品を買うと発覚の確率がアップ

一度に多くの商品をクレジットカードで買って現金化をするのも、現金化を発覚させり恐れがあります。たとえば、50万円の宝石を2つ買って100万円の買い物をすると、明らかに何かおかしいと思われるのではないでしょうか。

普段から宝石や貴金属を買っている人や、普段からこれだけの金額の買い物をしている人なら現金化をしていることは疑われないかもしれません。しかし、普段の買い物では少額の商品しか買い物をしていないのに、いきなり高額な商品の買い物をするとなると、クレジットカードで現金化をしているのではないかと疑われてしまいます。

換金するなら考えて行う

商品券や新幹線の回数券をクレジットカードで買って換金するのは、クレジットカードを使った現金化の方法では魅力的な方法です。しかし、その分だけ発覚しやすいので、他の商品で現金化するなど工夫が必要です。

また、一度に高額な商品を買い物をするのも怪しまれますので、数ヶ月に分けて買い物をするようにすると簡単には発覚しないと言えます。

クレジットカード現金化は開業して間もない自営業者でも利用できますか?

銀行や消費者金融のカードローンを自営業者が利用するなら、前年度の所得がある程度ないと審査が通過しない可能性があります。

また、自営業を始めて3年が経過していることが申し込みの条件になっているなど、自営業者にとってカードローンの申し込みはハードルが高いと言えます。

そのため、自営業を始めたばかりで現金が必要になると、カードローンの他に借金できる方法がないのかを考えます。

開業して間もない自営業者でも利用は可能

クレジットカード現金化は、自営業者でも利用することは可能です。クレジットカードで商品を買ってから、質屋や金券ショップに持って行って換金する方法も、クレジットカードの現金化と言えますが、この方法なら身分証明書だけの提出だけで現金化ができます。

また、クレジットカードの現金化ができる業者がいくつか存在しますが、その業者を利用して現金化はできます。業者を利用する際にも、職業を記入する必要はなく面倒な審査などもありません。

質屋や金券ショップを利用する方法と同じように、身分証明書さえ提出すれば現金化はできますので、開業して間もない自営業者でも利用はできます。

しっかり考えて利用すること

開業して間もない頃は、現金がなくて厳しい思いをするかもしれません。しかし、現金がなくて苦しいからという理由でクレジットカードを使って現金化をしても、結局はカード会社に返済をしないといけなくなることから、想像している借金の返済が大変になります。

どうしても現金が必要でクレジットカードの現金化を利用したいのなら、換金率の高い商品を選んで質屋や金券ショップに行って現金化をするか、現金化を行っている業者の中から、換金率の高い業者を選んで現金化するなどすると、借金の負担は小さくなります。

また、利用するのなら本当に困ったときなどに少額で利用するようにしたいものです。

簡単に利用できるので考えることは必要

クレジットカード現金化は、自営業者でも審査の必要がなく利用できるので困ったときにはすぐに利用したくなります。しかし、簡単に利用できるからということで多くの商品を現金化すると、クレジットカード会社に支払いをするときになって困りますので、考えてから利用したいものです。

今の時代クレジットカード現金化はもう常識!

実際問題クレジットカード現金化を利用している人っているの?って初めて現金化を耳にする人は思うかもしれませんね。周りに言わないだけで利用している人は多くいますし家計を守る主婦の間でもクレジットカード現金化はもう常識になりつつあります。
未だに現金化はサラ金や消費者金融と混同されがちですが根本的なシステムが違いますし、更に言えば周囲にキャッシングを知られたくない人にこそカード現金化はおすすめです。一般的にサラ金や消費者金融でお金を借りる際は申し込み先から会社に在籍確認の電話がかかって来ますが現金化に関してはこれが無いのです!つまり「○○さんは何かお金に困っているらしいよ」と会社で噂されたり自身の評価を落とすリスクもなくサクッとお金を用立てる事が出来るという訳ですね。
この手軽さからクレジットカード現金化を選ぶ利用者は年々増加傾向にあり、もはやクレジットカード現金化は常識と言っても良いレベルにまで人々に浸透しているのです。もちろんただ便利なだけではなく換金目的のカード利用をクレジットカード会社は認めていないので、安全な業者を見極める必要がある事を理解し現金化を上手く活用しましょう。

クレジットカード現金化なんて常識と言われましたがどんなサービスですか?

クレジットカード現金化はキャッシング枠では無くショッピング枠を利用します。お金が無い、でもキャッシング枠が無いと言うときに便利なサービスです。最近では店舗だけじゃなくインターネットで申込できる現金化業者が増えてきました。

クレジットカード現金化申込の流れは

まずはパソコンまたはケータイで現金化業者のサイトにアクセスします。申込ページへと進み、記入欄に記入または選択していきます。送信すると現金化業者から電話連絡が入りますので、希望額などを伝えて下さい。その後にクレジットカードのショッピング枠で商品を購入すると口座に現金が振込されます。

キャッシュバック方式の現金化業者では自宅に届いた商品の返送は不要、買取方式の現金化業者では返送することが必要です。支払方法は1回払いや分割払い、リボ払いなどから選べます。現金化業者に支払いするのではなくカード会社に行います。

いつも通りクレジットカードで商品を購入したときと見た目上では同じのため、カードローンのような審査は行われないです。在籍確認の電話連絡が職場にかかってくることも無いです。気軽に利用することができますが、悪質な現金化業者には注意して下さい。もし悪質な現金化業者に引っ掛かると振込されない、カード情報が流出したと言ったトラブルが起きかねないです。

クレジットカード現金化はもうすでに常識と言ってもいい!

急に現金が必要になったけれでも、キャッシングは利用したことが無いし、審査が通るかどうかが心配というような人のオススメしたいのがクレジットカード現金化です。しっかり意識して利用すれば、急な現金の必要に答えてくれるクレジットカード現金化はすでに常識になっていると言ってもいいかもしれません。

クレジットカード現金化がおすすめな理由

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用したキャッシング方法です。クレジットカードを持っている人はショッピング枠の利用限度額まではクレジットカードが発行された時点で審査が終わっているので、新しく審査を受ける必要はありません。よくキャッシングなどで即日融資などを見かけることがありますが、クレジットカード現金化ではすぐに現金を調達できることが当たり前です。

クレジットカード現金化にはクレジットカード現金化の業者を利用する方法と自分で金券ショップなどを利用して実行する方法もあります。ただし、クレジットカード現金化でクレジットカード会社のペナルティを喰らわないためには一度にあまりたくさんの現金化をしないようにしなければなりません。その意識だけをしっかり持って利用すればきっと約になってくれることでしょう。

もう常識の時代に突入している!クレジットカード現金化

クレジットカード現金化を考えている人は色んな疑問や不安を抱えていて、最後の一歩を踏み出せない方も多くいるんじゃ無いでしょうか。そんな貴方に、クレジットカードカード現金化は便利で既に常識の時代が来ている事をお教えします。

クレジットカード現金化は速い!簡単!合法の三拍子が揃った最強の借入手法

クレジットカード現金化の利点は何と言ってもその速さです。カードローンの審査が早くても30分、繁盛する時期は2日位かかるのに対して、現金化は初めて利用する人でも15分あればお釣りが来るくらい簡単に現金を手にできます。

加えて、クレジットカード現金化はカードローンキャッシングみたいに総量規制やの信用情報機関の信用情報だの細かい事は言いません。クレジットカードカードが使える時点で既に審査に合格している、簡単な手続きで済むのです。

クレジットカードを違法行為と思っていませんか。安心してください!クレジットカード現金化は合法です!クレジットカード現金化はクレジットカード会社の規約で禁止されてはいるものの、法律上は信販契約で得たものは売却の権利があるので違法ではない言うのが法律家の常識的な見解です。それを証拠に、最近では協会や関係諸団体の説明でも違法という言葉を使う事は無く、規約違反という言葉を使う様になっています。

現代では常識のクレジットカード現金化、簡単な入用の時に重宝しますので安心して利用して下さい!

クレジットカード現金化はもう常識!という人達の口コミを紹介

佳樹さん
会社の帰りに、クレジットカードの現金化ができる看板を見かけていましたので、興味は持っていました。
そこで、ネットで調べてみると手続きをが簡単に利用できることが分かりました。
これなら簡単だと思ったので利用すると、思っていた以上に簡単に現金化ができて良かったです。

朋也さん
私は、派遣会社から事務員の仕事を紹介されて働いていたのですが、ついに仕事の更新ができなくて失業をしてしまいました。
失業中なので借金ができないのでどうしようか考えていたところ、クレジットカードを使った現金化なら失業中でも関係ないので利用しました。
あの時は助かりました。

孝夫さん
結婚してからは妻に小遣いを減らされて大変でした。
キャッシングを申し込むのも考えたのですが、妻にバレるととんでもないことになるのではないかと思いましたので、クレジットカードの現金化を利用しました。
おかげで妻にもバレることなく利用ができました。

サイトマップ

▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 www.hcipub.com All Rights Reserved.